"playbackフランキー"


                                はじめに

こんにちは♪


今回で3話目。


前回までの1話、2話はこちら↓

第1話

第2話



今回は水中イメージを付けて貰うために

スイム動画を見て頂き

解説したいと思います。



フランキー120mmスイム動画


見て頂けましたか?


動画のプールを

涸沼と見立ててイメージしてくださいね♪


フランキーのスピードと動きについて

動画では3パターンのスピードでリトリーブが

映されてますね。

  • スローリトリーブ
  • ミディアムリトリーブ
  • ファーストリトリーブ

涸沼でのモジリ撃ちに有効なスピードは

最後のファーストリトリーブが有効。


かなりバタバタと激しくウォブンロールしなが

ら泳ぐ感じです。


ロッドに小刻みにトントントン♪と


振動を感じるくらい巻いてください。


リールの巻きで表現するとしたら

シマノC3000XG、3000MHG

あたりの1回転巻き取り

88㎝~94㎝の物で1秒1回転。


流れの無い涸沼。

そしてイナッコの量の多さ。

がこの激しいウォブンロールが適度ですね。



最適なシチュエーションと釣れる理由

モジリ撃ちが最適とは言っても

なるほど!っと直ぐイメージは付かないですよね(^-^;


例えばプールサイドに自分が立ってると仮想

してください。



プールの水深も涸沼のキャスト範囲にかなり

近いと思うので♪


1メーターから1.5メーターの水深。



イナッコとシーバスがプールの中に居るとします。



手前足元にイナッコ、奥側にシーバスと仮定。



自分の足元にイナッコが居ます。


こちら人間に気付かれないように


50㎝程水面から下がって定位。


シーバスはイナッコを捕食しようとしてるので

イナッコに気付かれないように

底に居ます。



捕食体制に入ったシーバスがこちらに

近づいてくれば

イナッコのレンジは水面直下に浮きます。


シーバスとイナッコのレンジの差が

1メーター以上あったのが

ぐっと縮みます。


ここが肝で

捕食体制に入ったシーバスのレンジが

50㎝~60㎝という所に浮くことで

イナッコが逃げ惑う動作に入るという事。



つまり

何故釣れるのか?というと

フランキーのMAXレンジ

丁度スイッチ入ったシーバスのレンジ

被るという訳です。





後はただ巻きでヒットに持ち込むだけです♪


モジリ撃ちのイメージできましたか?


水深が深くなっても同じこと。


沖のボートゲームなんかでも

同じシチュエーションで検証してます。


また水深が浅くなれば

ロッドポジションで対応できます。


ロッドを上段に構え

レンジを少し上げる事を意識すればOK。


ボイルは無いがエサが逃げ惑うとか

ボイルが単発であるがトップに出きらないので

ボイル前のモジリに。


こんな時が投入するに最適ですかね♪




                               まとめ


言葉足らずだったら申し訳ないんすが

こんな事イメージして考えながら

いつも釣りしてます♪


水中イメージしてヒットに持ち込めれば

サイズに関係なく嬉しいものですから。


今回の要点

  • ファーストリトリーブ
  • 1秒1回転
  • MAXレンジ60㎝
  • スイッチの入ったシーバスのレンジとフランキーレンジが同じ


という事でした♪



次回は


スーパーボイルをフランキーで攻略!


で行きます♪


ではm(__)m



ts_img_18_l
longin_144_54














data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">